令和四年年頭にあたりご挨拶を申し上げます。

区政レポート

2022.01.01

板橋区

令和四年新年のご挨拶

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

旧年中は、板橋区政に対しまして貴重なご意見を賜わり誠にありがとうございました。

5月までは、板橋区議会議長兼全国市議会議長会国会対策委員として、東京から日本全国の自治体のあり様を見てまいりました。

この貴重な経験を2022年で活かせるよう一層精進してまいります。

本年は、住民サービスの大改革のスタートラインにつかなければならないと思っています。

ここ2年で官民共にデジタル化社会への加速が急速に進みました。

このデジタル化に対処できなかった代表事例としては「定額給付金」のデリバリーです。

今、まさに時代の変化に対処する必要があり、この対応が遅れると急速に住民サービスが低下していくことになります。

今やらなければならない事は、現在の「板橋区スマートシティ推進方針」を見直し、本来のスマートシティをつくらなければなりません。

スマートシティの活用としては、移動・交通、医療・健康、デジタルガバメント、教育・文化、キャッシュレス決済があげられます。

板橋区議会の議長として直接デジタル化の遅れを見て来た経験から、デジタルガバメントとデータドリブンエコノミーを両輪とした新しい施策を進めてまいります。

共に板橋区政を変えていきましょう!本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

新年のご挨拶
年頭のご挨拶